Final Stage ~夜弥のあかんたれ日誌~

わたし自身と友のために残す思い出の断片

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

end of the WORLD~sorakaze~

2014-01-26-Sun-07:18
くうちゃんは、セカンドキャラでした。
誕生したのは夜弥とほぼ同じ時期です。

ここで発覚したくうちゃんの本名(笑)
実は「そらかぜ」と言うんですね。

ただ、空風では面倒でいつも空ちゃんって言っていたので…
いつの間にか仲間の間では「くうちゃん」になり
自分もそのままくうちゃんと呼んでいました。

あの当時、周りは皆、1次職ばかりで…
メインキャラの夜弥ではレベル差がついてしまい
何だかみんなを置いて行ってしまうような気がして。

そしてレベルが高くなることで、傲慢になってしまったり
周りを理解できなくなってしまったり
そんな自分になりたくなかったから育てていました。

メイジに転職して…
周りもどんどん成長して、メインと差がつかなくなってきた頃
くうちゃんは封印されることになりました。

なんとなく…未練が生まれたから、なのかな。
しばらく他の職を経験してみたら
それまでマゾくて弱いと思っていた戦士に戻りたくなっていました。


ほんの数ヶ月の稼動キャラだったけれど
くうちゃんは大切な3姉妹の一人です。


[広告 ] VPS



くうちゃんはクマタローと一緒に行動していました。

20060323204730.jpg

20060328122817.jpg

いつでも一緒でした♪

0523_E7CE.jpg

メイジになってからは一人果敢な挑戦をするも…
毎度のことながら浮き落ちという結果になることが多かったです。
(当時のPCのスペックがものすごく低かった)



きっと3姉妹の中では、夜弥と浮いた数を競うほどかも知れません。
でも、挫けずに何度も色々な挑戦をして来ました。

ちょうどこの頃、夜弥がナイトの弱さに嫌気が差していた時期だったので
メイジの火力でどんな場所へも挑戦できるくうちゃんの姿はとても刺激がありました。

メイジがこうなら、ナイトではこう動こう!

そんな戦略をイメージできたのも
もしかしたら…くうちゃんのお陰かも知れませんね。

くうちゃんを育てていなかったら
後衛の気持ちなんか分からなかった。
そして戦士が嫌いになっていたかも知れなかった。


くうちゃん、勇気をありがとう。


イメージ372

くうちゃんは3姉妹の中で一番リアルの人間に近いかも知れません。

浮き浮きのドジっ子で、あまり目立たなくて…
クマタローがダイ(。・д・。)スキで(ぇ?

でも、けっこう無謀な人っていうのは真理だったり。


夜弥はかっこいい自分にとっての憧れの人で
なごみは癒し系で自分にとって守ってあげたい人で
くうちゃんは自分自身のコピー

無意識のうちに3キャラにそんなイメージが定着していたのかも知れません。


くうちゃんのラストログアウトを涙ながらに見守り…
(やっぱりほら、一番自分に近いせいか…自分自身が消えるような錯覚が激しかったw)

最後に残ったのは夜弥。

次回は夜弥のお話(。・ω・)ゞデシ


残すところ、あと何回更新できるでしょうか。

そう思えば思うほど、名残惜しいです。

最終回は1年後くらいにしようかなwww


なんてね。


早く更新したいのはやまやまなのですが
リアルの関係であまり時間が取れないのも事実。

動画も編集しなければならないし。
というか、動画を見るのもつらい…(´;ω;`)

はるちゃんがゼネ風邪ならば
わたしは完全にロストゼネ症候群です。
体のあちこちに不調が…(´△`)↓

もうすでに最後の時の動画なんかも他で見られた方も多いでしょう。
なので、あまり期待せずにお待ち下さい。


つづきはまた後日

ヾ(・ω・`)ノバイヾ(・ω・`)ノバイ
スポンサーサイト

COMMENT



2014-01-27-Mon-00:28
・゜・(ノД`)・゜・

2014-01-27-Mon-02:08
>あるちゃ

あるちゃ泣かせの日々になってる気がするww

2014-01-27-Mon-19:15
見るたびに泣けるよ(´;ω;`)

2014-01-28-Tue-08:10
>あるちゃ

デトックス?
リアルで相当ストレスたまってない?ヾ(・ω・`

2014-01-29-Wed-00:29
ストレスは溜まってるがもともと、いや30代中くらいからか、涙もろくなったせいもアル。
デトックスではない・・・多分w

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。