Final Stage ~夜弥のあかんたれ日誌~

わたし自身と友のために残す思い出の断片

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Event on anniversary

2008-09-13-Sat-01:52
今日はちょっと嬉しい気分でのブログ更新です。

2006年の6月に三姉妹の三女である和彌★が誕生しました。
何度もここに書いているように、わたしはメインを聖職者にしたかったんですよね。
しかし、運命の導きなのか否か、戦士→魔術師を経てやっと3rdキャラとして聖職者を作りました。
基本的に補助がしたかったので今のクラージという職、とても気に入っています。
まぁ、パラのほうも魔力と精神振りの中衛パラディンでメニスとLHが主体の補助的戦士なんですが。

和彌を誕生させてから早1年半、途中で1年のブランクがあるので大まかに言えば半年の活動期間です。
思えば結構長い間このキャラを育てていたんですね。
そのなごちゃんが、ようやくというべきか…遂にLv87のグラチェンを迎えました!
わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい
ここまでの道のり、ブランクのせいもあるけど本当に長かったです。
Lv85で復帰し、1ヶ月で87にしたわけで…月に2レベしか上がっていませんが、上出来でしょう。



さて、記念すべきこの日はなごちゃんが所属する"星屑ギルド"の船倉朝練特訓から始まり…
星屑ギルド朝練

ギルメンのらぶちゃんとれんちゃんと3人で数時間狩り続けて

なご87

Lv87 ヽ(´・ω・`)ノワーイ♪

2人の協力のお陰で勢いよく経験値が溜まりました。
ホントにありがとう(ノω・、) ウゥ・・・
これでグラチェンなんですが、この時点でまだ誰にも正式にお披露目しませんでした。
Lvが上がったので、らぶちゃんからはクラ装備を色々とお借りしましたアリ(´・ω・)(´_ _)ガト♪

その後、引き続きれんちゃんと2人で工場へ行って来ました。
れんちゃと工場
さすがに帽子がないと痛い…でも87↓の帽子は売っちゃってたので我慢w

最深部でボス退治しました~♪
工場のボス
わたしが居るからと言うよりもれんちゃんが強いのです( *´ノェ`)コチョーリ

そんなわけでグラチェンしたのに誰にもお披露目しないまま、夜になりました。
和彌★

続きはこの↓に追記



スポンサーサイト

わたしをリハビリに連れ出して

2008-09-10-Wed-10:31
1年間の休止が影響して、ゼネの中で分からないことだらけのなごちゃんです。
先日のメンテで新スキルが追加されましたね~
その新スキルをゲットするにはスキル伝授者から「森の~(忘れたw)」というクエを
受けなければならないんですよ。
で、そのクエってきのこマップとコブラマップに居るモラスープを倒すクエなんですよね。
1年の間でマップの敵が色々と変わったりしていたので…
σ(・ω・*)てっきりモラスープって雑魚敵なんだと思ってたんです。
だって、クエを受けてコブラマップに入った瞬間に目の前に沸いてたんですもん。
「あ~なんだ、雑魚1匹倒せばいいだけの簡単なクエじゃん♪」なんて思いながらモラスープ撃破。
街に帰還して、新スキル イタダキマス (*^∇^)ノ
でも、ギルドのみんなが「モラスープ居ない」って騒いでる…
「(。´・ω・)ん??なんで?普通に居たよ?」なんて言うと、実はとってもラッキーだったみたい。
まぁ、スキル自体はソロで使いこなすのは難しいので不必要といえば不必要かも

知らぬが仏というかなんというか…無知こそ怖いものはないですねw


で、わたし本当にゼネのこと良くわからないのでw
先日はるちゃんに遊びに連れて行ってもらいました。
ここで遭遇したのは青幽霊のオリトボスのカブリって芋虫でした。
青幽霊のオリト
青幽霊のオリト2
はるちゃんが叩くと召喚がわんさか(´゚ω゚):;*.':;ブッ
はるちゃんが受けている被ダメの連続を見て、PCの前で(・∀・)ニャニャしてしまいました。

その後は毎度お馴染みのカバルツ温泉へ。
久しぶりにボスが見たくなって行ってみました~
春ちゃんとカバデート

すぐにビスカー発見w
春ちゃんとデート
はるちゃんもだいぶLvが上がっているので案外すんなりと倒せました。
もう昔の浮き浮きファイターさんじゃないんだなぁ、と実感した瞬間です。

ビスカーを倒すと、もう満足しちゃったので二人でしばし女の密談を( *´艸`)クスクス
春ちゃんと温泉
以前わたしが数ヶ月間休止をしているうちにPTに転がり込んでいた(笑)人で
密かにわたしのブログをずっと見てくれていたそうなんです。
当時はまだファイターさんで、ほんとに最初はちょっとのことで浮いていたのでとても心配だったかもw
連合に誘うと照れながらもすんなりと入ってくれたんでしたよね。
わたしが一年間の休止をしている間もずっと復帰を心待ちにしてくれていました。
今はPT活動が主流ではないので毎日は会えません。
ギルドも別々になっていますが彼女は今も昔も、一番多く語り合ってきた大切な仲間です。


大切といえばもう一人。
クラマで浮き浮き
↑の方。
なぜかなごちゃんが浮いてるのは気のせいですw
前にもちらっと書きましたけれど、りこさんとはもうかなり古い付き合いです。
わたしがゼネを始めたのが2005年の10月で、知り合ったのが12月くらい。
2006年の2月に空ちゃんをPL(懐かしい言葉だよね)してくれたことがきっかけで同じPTになり、
それからお互いにキャラを変えたり休止期間があったけれどずっと一緒のPTで過ごしてきました。
現存のフレの中では一番古い仲間であり、はるちゃんと同じく良き理解者であります。

この2人、今一番わたしを支えてくれているかな。
旧友
ゼネの操作も不安定なわたしをよくリハビリに連れ出してくれるしね。
たまにはまた昔に戻って3人で遊びたいなぁ。

XenepicOnline私設ギルド 女性騎士連合

2008-09-05-Fri-09:13
まだゼネにギルドシステムが無かった頃。
2006年の6月頃に話はさかのぼります。

あの頃、夜弥はまだLv75近辺のよわよわナイトでした。
当時、ファイターからナイトへ転職したばかりであり、その弱さに悩んでいた。
転職してもなんにも変わらないじゃない、って思いがあった。
ちょうど時を同じくして、ゼネの鯖ダウン(だったよね?)でログインが何日かできない状態で
混乱が起きていた時期でもありました。
ログインできるようになって、あの頃は七夕イベントの時期でしたので街の中に大勢の人々が溢れかえって
ゼネの復活祭り状態に。
その中で、親しくしていた女性ナイトの〆なおなお〆さんとna tsu kiさんと会い
こんな(こうして女性戦士だけで話したり冒険したりする)機会があったらいいねって話しになったんですよね。
そこで連合の創設を思いついたのが今の女性騎士連合の始まりでありました。
関連記事

正式なギルドのシステムが無い状態で、私設ギルドマスターとして色々とやってきました。
私はHTMLを触れるので連合のHPを作ったり、何かエンターテイメント的なものを提供できないかとFLASHを作ってみたり。
そんなことをしているうちに段々と会員さんが集まってきてくれたんでしたね。
当時は私設ギルドもたくさんはなくてものめずらしい部分もあったんだとは思います。
自画自賛で申し訳ありませんが、その中でも女性騎士連合、ほんとにかっこよかったなーと。
1年ほど、そんな連合の"いい時期"が続きましたね。

92303.jpg

その後、私がゼネを長期休止している間に公式ギルドのシステムができました。
私設の頃からからずっとギルドシステムができたら必ず女性騎士連合の本ギルドを立ち上げようと思っていたのですが、リアルタイムに乗り遅れまして。
復帰した頃にはとき既に遅し。
会員の数も引退や休止により激減、会議やイベント自体の参加人数も減少してしまいました。
なにかいい試みはないかなぁと頭を悩ませる今日この頃。
今はもう高レベルの時代なので一人で何でもやりこなせちゃいますよね。
でも、やっぱりLv帯があるからこそお互いが持ちつ持たれつで楽しめるんじゃないかなって思うんです。
だからこそ、マンネリを脱しなければならないなって思いがあります。
私が不在の間はサブギルドマスターのHARUNAさんを筆頭に連合を守ってくれていました。
ゼネを休止すると決めたとき。
私、一度はるちゃんに「もう連合を解散しよう」って言ったんですよね。
だけどはるちゃんは「規模を縮小してもいいから存続して行こう」って言ってくれました。
彼女たちが一年間大変な思いをしながら守り通してくれた大切な組織です。
それを再び引き継ぐのも、私の役目かな…なんてね。

そこでどうにか新規会員さんを増やして行きたいと思っている所存であります。
昔はそれこそ女性キャラの戦士さん、少なかったんですよ。
でも今は本当にたくさんの女性戦士さん(中身は知らないけどw)が活躍していますよね。
ここに所属することで何かいいきっかけになってくれればいいなって思っています。
私設ギルドとしての立場は変わりませんけれど、何か新しいことができれば…と。
もちろんリアルの関係や各自所属ギルド、メインサブの都合もあるでしょうけれど。

もし良ければ連合に参加していただける方は居ませんでしょうか?
気楽な気持ちでイベント等に参加してもらえるだけで、まったく構わないのですけれどもね^^
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。